生死に関わる仕事であることを
自分の経験から伝えていきたい。

薬剤師


大橋さん 2016年入社

ホーム 先輩インタビュー

大橋さん 2016年入社

#

入社1年目から自分のやりたいこと、 得意なことを仕事に。

私が就職先に求める最大の条件は「働きやすさ、環境、働いている人」でした。福利厚生はどの企業を見てもそこまで変わりはありません。身近にいる人が離職している理由もやはり環境や人間関係でした。その軸を持って会社見学やインターンシップに参加したところ、一番良かったのがひまわりだったので入社を決めました。実際、入社1年目から、好きなことをやらせていただいており、初配属となった尾道中央店では予製の管理を変えることに取り組みました。また、薬局長になってからは複数店舗の管理者として勤務し、意見したことでエリア長というポジションが生まれました。他にも私が得意としているパソコン業務で表やマニュアルを作成する等、早いうちから好きなこと、得意なことを仕事にさせてもらっています。

ミスをきっかけに この仕事の責任を痛感

医療従事者として最も大切なことを身をもって感じたことがありました。入社1年目の頃、ダブルチェックを怠ったことで患者様に規定よりも少ない量のお薬をお渡ししてしまったのです。いわゆる調剤事故です。多くお渡ししなかったことが不幸中の幸いで大事には至らなかったのですが、患者様のご自宅まで伺い謝罪しました。それを機に監査の業務の大切さ・責任感を痛感。私たちの仕事が人の生死に関わるのだということを早い段階であらためて気づかせていただきました。そのときの経験が、軽いミスでも軽いミスで流さないよう指導する現在の自分のスタンスにつながっていると感じています。

#

メンバーが働きやすい環境を 整備・維持する。

エリア長になってから以来ずっと、自分の未熟さを感じています。同期でエリア長になった人、自分の後輩で同時期にエリア長になった人と一緒に仕事をしていますが、2人には考え方や行動力でも学ぶことばかり。上司の右腕くらいになれるのを夢見ていましたが、実現はまだもう少し先のようです。私の部下には働きやすい環境を整備・維持しつつ、規律正しく仕事したいと考えているので管轄5店舗がまずは順守できるよう管理し、同期・上司へは自分のできることを精一杯やってサポートしていきたいです。

キャリアを紹介

2018年 副薬局長

入社2年目で副薬局長として薬局長をフォローする

2019年 薬局長

薬局長として、スタッフと助け合い既存店の業績を伸ばす

2021年 エリア長

新設された「エリア長制度」に抜擢され、複数の薬局を管理しています

#

みなさまへメッセージ
国家試験が年々大変になるので、早めの就活、早めの内定をオススメします。ただ、そこで注意してほしいのは、どこでもいいとおおざっぱに決めるのではなく、企業を知り、人を知り、しっかり見たうえで決断すること。案外時間はすぐに経ちます。計画的に行動できない人は見たい・知りたい企業へ手当たり次第順番に行って、自分の譲れない「軸」を確かめていってください。決まってない人は、誰かについていくことで自分のやりたいが見つかることもあります。頑張ってください。応援しています!

先輩インタビュー

すべて見る